事業性資金でもキャッシングでお金を借りることはできる?

事業資金にキャッシングは利用できるの?

af4

キャッシングは基本的に使用用途が限られていないので、どんなことにも使うことができます。
ショッピングに使ってもいいですし、生活費に充てるのもOKです。
ただし、事業資金に使うとなると話は異なります。

消費者金融によっては事業資金として使うことを禁止している場合もあります。
これはキャッシングだけではなく、銀行カードローンも同じです。
一般向けのキャッシングやカードローンは日常生活でお金が足りなくなった場合のことを考えて作られているので、事業資金用に作られて
いるわけではありませんし、そもそも事業性資金として使ってはいけないと決められています。
そのため、一般向けのキャッシングしか取り扱っていない消費者金融では事業資金を借りるのは不可能だと考えてください。

しかし、大手消費者金融の場合、事業資金として使える個人事業主・法人向けのビジネスローンを取り扱っていることが多いです。
このローンを利用すれば、事業資金目的での借入も可能です。
事業性資金の借入をする際は本人確認書類以外にも確定申告書や事業内容確認書などが必要になります。
法人の場合は決算書や代表者の本人確認書類、商業登記簿謄本などの提出が求められます。

事業資金で使用できる消費者金融は限られているので、申し込む前に必ず確認をしてください。
使用目的を誤魔化してお金を借りた場合、バレてしまった時が大変です。