貸金業法の総量規制を守るために、消費者金融の大手がしていること

総量規制を守るために消費者金融がしていることって?

af5

消費者金融は総量規制のルールを守るために返済能力があるのか厳しくチェックします。
審査の時に信用情報を確認したり、1社から50万円以上借りる場合、複数社からの借入総額が100万円を超える場合に収入証明書が必要にな
るのはこのためです。
こういったことをして、借入総額が年収の3分の1を超えていないかしっかりと判断します。
既に年収の3分の1まで借りている場合、返済によって借金が年収の3分の1以下になるまで待たないといけません。
ちなみにクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となるので注意してください。

申し込みの時に借入総額や年収を誤魔化してもすぐにバレてしまうので、虚偽の申告をするのはやめましょう。
総量規制の限界まで借りている方がやってしまいがちですが、自分の信用を落とすだけです。
法律に則って営業をしている真っ当な消費者金融からは、どんなことをしても年収の3分の1以上の借入はできません。
どうしてもお金が必要な場合は銀行カードローンに申し込みしてください。

総量規制には例外もある?

総量規制は消費者を保護する意味合いで作られた法律なので、消費者にとってメリットがある場合や個人以外の貸し付けには適用されませ
ん。
つまり、例外があるということです。
以下のようなケースは総量規制の影響を受けません。

・事業性資金
法人や個人事業主が事業に使用するためにお金を借りる場合は総量規制の影響を受けません。
年収600万円の方でも200万円以上のお金を借りることが可能です。
この場合、事業計画や資金計画といた書類が必要になります。

・配偶者の同意を得た借入
配偶者の同意があれば、自分が無収入でもお金を借りることができます。
同意書、戸籍謄本・住民票、収入証明書などが必要です。
配偶者の年収の3分の1まで借入可能です。

・おまとめローン
消費者金融が提供しているおまとめローンも総量規制の対象外です。
ただし、一定の条件を満たしていないと借入が認められません。