自営業やビジネス用の資金だと、キャッシング審査に通りにくい?

自営業は審査が通りづらい

自営業を営んでいる方の場合、一般のキャッシングの審査に通りづらいといわれていますが、これは事実です。
普通のサラリーマンの方が審査に通りやすい傾向があります。
では、どうして自営業だと一般のキャッシングの審査が通りづらいのでしょうか?

それは自営業の場合、安定した収入があると言え難いからです。
いくら年収が多くても毎月の収入が不安定だと安定した収入を得ていると判断されないケースがあります。
そのため、自営業よりもアルバイト・パートの方が評価が高い場合も多いです。
さらに自営業を営んでいる方は経費を多く計上し、節税をしているので年収が低くなります。
これも自営業の方が審査に通りづらい理由のひとつです。

だからこそ、自営業の方は一般のキャッシングではなく、事業資金用のプランを利用されてください。
大手消費者金融では事業資金はもちろん、生活費にも使用できるプランを用意しています。
このようなプランであれば、一般のキャッシングとは審査が異なるので、融資してもらえやすいです。

ただし、事業資金用のプランに申し込んでも審査に落ちてしまう場合もあります。
事業収支が黒字だったり、信用情報に問題がなければ、基本的に審査に通りますが、あまりにも赤字が多い場合や嘘の申告をした場合は融資を断られます。
赤字の穴埋め目的で借りたい場合でも借入目的を誤魔化さずに素直に伝えるようにしてください。
下手に誤魔化してしまうと後から大変なことになります。

事業性融資は総量規制対象外?

総量規制の影響で本来であれば消費者金融から年収3分の1以上の借入はできませんし、50万円を超える借入の場合には収入証明書の提出が必要になります。
ただし、消費者金融が提供している事業資金用のプランに関しては、総量規制の影響を受けないので、年収3分の1を超える借入も可能です

本当なら300万円を借りる場合、年収900万円以上が必要ですが、それ以下の年収でも300万円を借入することができます。
一般のキャッシングよりも提出書類が多いという問題点はありますが、事業資金に使用できるのは魅力的です。