消費者金融でのキャッシングは年収の3分の1が限度額?

消費者金融からの借入は年収の3分の1までが限界?

af6
2010年6月に総量規制と呼ばれる法律が施行されたことにより、消費者金融から借りられる金額が変更になりました。
それまではいくらまでという決まりはありませんでしたが、総量規制が設けられたことで年収の3分の1以上を超える借入ができなくなった
のです。
この法律で対象となるのは貸金業者なので銀行や信用金庫は含まれません。
あくまでも消費者金融や信販会社を対象とした法律です。

年収600万円の方の場合、消費者金融から借入できる金額は600万円の3分の1の200万円までとなります。
これ以上お金を借りようとしても貸してはくれず、審査で落ちてしまいます。
勘違いされている方もいますが、年収の3分の1というのは1社あたりではなく、借入総額のことを指します。
総量規制は利用している消費者金融全ての借入額を合わせた金額なので間違わないようにしてください。

先ほどもお話しましたが、銀行や信用金庫からの借入は総量規制の対象外となります。
仮に年収600万円の方が消費者金融から200万円を借りていた場合でも銀行からなら借りることができます。
そのため、自分の年収の3分の1以上のお金が必要になった場合は消費者金融からでは無理なので、銀行や信用金庫からお金を借りることに
なります。

総量規制で変わったこと

総量規制が施行されて大きく変わったことは、消費者金融から年収の3分の1までしか借りられなくなったことです。
消費者金融から大口融資を受けることができなくなり、数百万円のお金が必要な方は銀行カードローンを利用することが多くなりました。
何度申し込みをしても審査が通らない場合、既に総量規制いっぱいまで借りている可能性があります。
一度、各消費者金融から自分がどのくらいお金を借りているのか計算してみてください。

総量規制の影響によって専業主婦が消費者金融から借入するのが不可能になりました。
配偶者の協力があれば、借入することは可能ですが、専業主婦個人には貸し付けを行ってくれません。
以前は専業主婦にも普通に貸し付けを行っていましたが、総量規制が施行されてから仕事をしていない専業主婦は返済能力がないとみなさ
れるようになりました。
そのこともあり、総量規制の施行後は銀行カードローンを利用する専業主婦が増えました。

総量規制の施行によってもう1つ変わったことがあります。
それは消費者金融から借入する場合の提出書類です。
1社から50万円以上借りる場合と複数社からの総借入額が100万円を超える場合、収入証明書(源泉徴収票、確定申告書、給与明細など)を
提出しないといけません。
基本的にこの条件を満たさない限り、収入証明書は不要ですが例外もあります。
例外というのは収入が不安定だとみなされた場合です
個人事業主など収入が安定しない職業の方だと50万円以下の借入でも収入証明書の提出を求められることもあります。
消費者金融からお金を借りる際、個人事業主の方は念のために収入証明書を用意しておいた方がいいかもしれません。